{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

注連縄 Shime-nawa

残り3点

13,200円

送料についてはこちら

月山の雪解け水が河川となって流れ出し、田畑を潤して日本海へと注ぐ米どころ、山形県庄内地方。三つの米俵をかたどった注連縄は出羽三山のふもとならではのもので、豊穣への願いが込められています。 大変な手間がかかるためにつくり手はごく僅かとなってしまいましたが、庄内地方の藁細工の名手・斎藤栄市さんに学び、日知舎の成瀬正憲がつくり続けています。 注連縄の全長は四尺五寸(約220cm)。米俵の部分の長さは約30cmです。

セール中のアイテム